平岡産業について

東京都下、多摩川を抱きかかえるように発展した自然豊かな青梅の地を中心に、近世綿織物の生産が盛んとなり、“青梅縞” “青梅夜具地”と呼ばれるブランドとして全国的に有名となりました。

甲州裏街道の宿場町としても栄えた当時、買継商と呼ばれる卸業者の手で綿織物は日本各地に送り出されたのです。当社も「平岡織物」として1907年創業、図柄を型紙に起こし捺染後織り上げてゆく、夜具地の生産工場として多くの賞に輝く独自の綿織物を出荷していました。

その後の繊維工業の構造不況により、社名を「平岡産業株式会社」と改め、精密製図器械の製造を足がかりに、1970年代には精密部品の製造へと転換を図ります。カーステレオ・オーディオ機器用シャフトなどの生産へと事業を発展、地道ながら着実に技術の積み上げを重ねて今日の礎を築いて来ました。

​創業者 平岡静三郎

青梅夜具地

​青梅夜具地

ギャラリー